2018年1月13日土曜日

ツートンカラーに蘇ったナロー電車

先日、三重県の三岐鉄道北勢線を訪ねました。
ナロー軌道で知られる北勢線、沿線に着くとすぐに小ぶりな黄色い電車が現れました。

今回訪れたのは楚原-麻生田間の田園地帯。
1916年(大正5年)築のコンクリートブロック造りによる眼鏡橋が目印です。

眼鏡橋を渡る北勢線電車
付近に急カーブがあるため速度を落としてトコトコと橋を渡っていきます。

眼鏡橋を渡り急カーブを曲がっていく電車
畑の間に立つ鳥居も撮影の良いアクセントになります。

鳥居の先には北勢線の踏切を跨いで八幡神社の境内となっています。

眼鏡橋周辺で待機していると今度はツートンカラーの電車がやってきました。
この塗装はかつて北勢線を運営していた三重交通のもので、
三重交通時代に製造された200系が復刻塗装としてこの色に塗り替えられています。

200系は急カーブを曲がって終点の阿下喜へ向かいます。

少し場所を移動して阿下喜から折り返してくる200系も撮影してみました。

1959年(昭和34年)に製造された200系
当時の塗装の方がしっくりとくる気がします。

撮影を終えて少し北勢線に乗車してみようと思い東員駅へ
車を止めて夕暮れ時の空を見上げると筋状に伸びる雲が印象的でした。

2017年8月26日土曜日

「白鐵仔」6両で堂々の快走

8月12日、早朝の台湾鉄道西部幹線左營駅に降り立ちました。
ここである列車を待つことにします。

そのある列車とは台湾の鉄道趣味団体がチャーターしたDR2700型です。
かつては優等列車「光華号」で活躍したステンレス車体の気動車で、
登場から50年以上が経過した車両ですが、今でも現地の鉄道ファンに大変親しまれている車両です。

連続するコルゲート加工の車体が時代を感じさせます。

ステンレス無塗装が特徴のDR2700型
そのスタイルから現地のファンから「白鐵仔」の愛称で呼ばれています。

左營から高鐵で一気に新竹まで先回りし市内の陸橋から2度目の撮影。
白鐵仔の通過前に最新鋭のEMU800型が通過しました。

それぞれの車両の屋根に大きく出っ張った装置が見えますが、
実はこの出っ張りは冷房装置ではなくエンジン系統のラジエータだそうで、
乗客達は各々窓を開けて自然の風で暑さを凌いでいます。

高雄から新竹まで走った白鐵仔は一旦内湾線に入り、再び新竹に戻ってきます。

新竹駅構内に入線する白鐵仔
車体妻面まで巡らされたコルゲート模様や縦に長い折戸が見て取れます。

新竹で白鐵仔が給油している間に区間車で崎頂駅へ向かいます。

崎頂駅構内の跨線橋から風力発電の風車をバックに西部幹線の列車を撮影できます。

給油に時間がかかったのか事前情報より約1時間遅く銀色の車体が現れました。
西に傾いた陽を浴びながら白鐵仔が終点高雄を目指して走り去っていきました。

2017年8月2日水曜日

38年目を迎えたSLやまぐち号

田んぼが広がる山口線の宮野〜仁保間で2両のディーゼルカーを撮影。
SLやまぐち号の夏の運転が始まった7月22日、熱いSLの走りを撮るべく山口線沿線を訪ねてみました。

同じく宮野〜仁保のポイントでSLやまぐち号を撮影。
補機無しで5両満員の客車を引くC57 1はなかなかの迫力。

下りのやまぐち号はゆったりしたダイヤのため徳佐のポイントにも簡単に先回り出来た。
緑色の稲との組み合わせでやまぐち号のコントラストが際立つ。

津和野やまぐち号が折り返す間に津和野町内でスーパーおきを撮影。

津和野で折り返しを待つやまぐち号客車
JR西日本12系客車をレトロ風に改造して30年近く使われた客車だが、
今年後継の客車が新造されこの客車は今年で見納めの予定。

津和野~船平山間を走る復路のやまぐち号を俯瞰で撮影。

朱色の瓦が目立つ津和野の家々とSL列車の組み合わせ。

渡川~長門峡間に架かる国道9号線の陸橋より撮影。
次第に日が傾いてきてSLの表情も変わってくる。

最初に訪れた宮野〜仁保間の撮影地に戻り、
迫りくるC57 1を正面から捉える。

終点の新山口目指して軽やかに勾配を下っていくやまぐち号


この日の朝、撮影に出かける前に新山口駅に隣接した車両基地を訪れてみました。
留置線には9月からやまぐち号として運行される新造客車が留置されていました。

新造客車は国鉄の旧型客車を再現して造られたため、
現行のやまぐち号よりもレトロなデザインになっています。

この日はまだ試運転期間のため負荷テスト用の水タンクが展望デッキに設置されていました。